1、目的

麒麟のまち圏域の豊かな素材を活用し、圏域の事業者が「肉料理」「魚料理」「スイーツ」の3ジャンルにおいて多彩な食の新商品を開発・提供し、それに楽しむ人々が参加(投票)しグランプリを決める大会を行い、
(1)コロナ禍でニーズが高まる「マイクロツーリズム」にフィットした圏域の観光・地域産業の振興
(2)アフターコロナに主流となるとされる個人観光のための、魅力あるコンテンツ創り
(3)圏域において、21世紀の観光の主要目的である「食」の充実(提供)とその多様な情報発信
を実現し、「麒麟のまち圏域」に新たなエンタテインメントと、また訪れたいと思わせる“食の魅力”を醸成する。
本グランプリ実施により、「麒麟のまち圏域」の事業者における商品開発の促進とサービス向上に寄与することで圏域の活発化をはかる。

2、実施内容

参画事業者は実施期間内にグランプリエントリー3ジャンル(肉料理部門、魚料理部門、スイーツ部門)のうちのどれか1つについて料理商品を提供し、それについて、①一般投票(ハガキ・QRコードフォーム・SNS) ②審査委員投票(10名)を行い、総計ポイントの高い順で、グランプリ(ゴールド・シルバー・ブロンズ)を決定し表彰・情報発信する。
また結果発表後にさらに参画店舗を巡ってもらうための「スタンプラリー企画」も実施する。

◇スケジュール

(1)参画事業者募集:令和3年8月20日(金)〜9月20日(月)
(2)販売・投票期間:令和3年10月20日(水)〜12月10日(金) 当日消印有効
(3)グランプリ発表:令和3年12月20日(月) サイト、プレスリリース、情報番組で発表
(4)スタンプラリー:令和4年1月~2月


◇グランプリ賞

  • 肉料理部門(ゴールド・シルバー・ブロンズ/各1品)
  • 魚料理部門(ゴールド・シルバー・ブロンズ/各1品)
  • スイーツ部門(ゴールド・シルバー・ブロンズ/各1品)


◇賞

  • ゴールド(賞金3万円、表彰状)
  • シルバー(賞金2万円、表彰状)
  • ブロンズ(賞金1万円、表彰状)
  • 特別賞:麒麟のまち特別賞(賞金5000円・表彰状)
    ※グランプリ受賞以外から圏域1市6町それぞれ1品(計7品)
  • ゴールド獲得者はプレス発表を行うとともに、日本海テレビ放送情報番組「スパイス!」に出演。

3、審査方法

公平性と賞の価値をより高めるため、一般投票(ハガキ、QRコードフォーム、SNS/1名2票まで)と、麒麟のまち圏域の情報・観光関係者による審査員票の2つの票集計を行い、その合計ポイントの高い順から表彰を行う。一般投票と審査員票の配点は、一般6割:審査員4割とする。(審査員は「持ち点」制とします)
★審査員用に、料理商品への想いやこだわりを記載した「PRシート」の提出を必須とします。シートはエントリー完了後にお送りし、グランプリ開始前までに返信願います。

(1)「グランプリ賞」について

①審査員は「PRシート」をもとに、実食(最大4品を選択)を行い、採点を行う。
②審査員のうち「グルメライター」は、すべてのエントリー料理商品を実食し、採点を行う。
③一般投票(1票1点)と審査員①②の合計点(審査員票はジャンルごとにその4割とします)のうち、高得点3位までをグランプリ賞とする。

(2)「麒麟のまち特別賞」について

①一般投票結果を参考に審査員で協議して決定する。グランプリ賞とは重複しないものとする。

4、実施体制

主催:麒麟のまち(鳥取市、岩美町、若桜町、智頭町、八頭町、香美町、新温泉町)
運営:株式会社ウェブプラン・プロモーション(協力社:鳥取情報文化研究所、日本海テレビジョン放送株式会社)

5、参画条件

以下の3つの条件を満たす事業者(法人、個人は問わない)

①麒麟のまち圏域内で飲食店営業許可証を所持し、以下の料理・商品のいずれかを提供期間内に提供販売でき、かつ投票環境を確保できる店舗・施設(料理商品提供期間:令和3年10月20日~令和4年3月31日)。

◆「提供料理・商品」(料理商品は麒麟のまちをテーマとした新規料理または既存料理のアレンジ版とします)

◎グランプリ「肉料理部門」
対象…麒麟のまち圏域産の食材(加工品も含む)を使った肉料理
◎グランプリ「魚料理部門」
対象…麒麟のまち圏域産の食材(加工品も含む)を使った魚料理 
◎グランプリ「スイーツ部門」
対象…麒麟のまち圏域内の店舗で製造販売されている甘味類、菓子類(菓子パンも含む)

②投票行為に関する不正を行わないこと(審査員への接触や嘆願、一般投票者への強要、組織票等)
③新型コロナウイルス感染症対策を行っていること。

(留意点)
※新規料理でなくてもかまいせん。アレンジの内容はエントリー係にご相談ください。
※圏域の食材使用はすべてでなくてもかまいせん。こちらもエントリー係にご相談ください。
※1店舗につき1部門1品のエントリーとします。同じ店舗で複数の部門にエントリーは不可。
※複数の店舗を有する事業者は部門と店舗が重複しなければエントリー可能です。(最大計3店舗まで)
※投票用紙はグランプリ告知リ-フレット(グランプリ内容紹介、エントリー料理商品紹介、投票方法、投票者向け景品紹介/7万部発行)を鳥取県東部地区、兵庫県香美町・新温泉町内の「日本海新聞」に折込みを実施。参画店舗、沿線道の駅、情報拠点などに配布を予定。
★エントリーシートを受理したのちに確認も含めてご連絡をさしあげます。(土日祝日を除く3日以内に連絡がない場合はエントリー係植田携帯090-2664-9869までお電話をお願いいたします)

6、参加料

無料
(店舗配布の投票用紙・投票用QRコード掲示案内は運営者で用意します。)
※グランプリエントリーの料理について、試作等に係る経費はお出ししません。

7、参画店舗数(予定)

肉料理部門…15店舗
魚料理部門…15店舗
スイーツ部門…10店舗
上記店舗数を超える応募があった場合はエントリ―シートをもとに主催・運営者で選考を行います。
※選考結果は9月末にはお知らせいたします。

8、エントリー方法

「エントリーシート」の記載項目に記入し、提出先に9月20日(月)までに提出のこと。
※エントリー後は料理商品の準備とリーフレット等の校正、グランプリ開始後は料理商品提供と来店者へのグランプリ実施の告知に協力ください。
※グランプリ開催前に審査員審査のための「PRシート」の提出をお願いします。(エントリーシートとは別です)

9、反社会的勢力の排除

暴力団員又は暴力団若しくは暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有する事業者の参画はできません。(参画決定後に関係等が判明した場合は参画を取消します)

様式ダウンロード

専門家アドバイスについて


グランプリ参画決定事業者の方は、エントリーする商品をブラッシュアップするための「専門家」のアドバイスを無料で受けられます。ぜひご利用ください。

アドバイスの手順
①アドバイス希望の参画事業者へ、アドバイスの欲しい内容を担当者からヒアリングさせていただきます。(サポート担当者・植田英樹)

②ヒアリング内容につき、専門家が文書で回答をお出しします。必要に応じてオンラインや電話などでのアドバイスをさせていただきます。
★専門家=西本敦子氏(フードコーディネーター)
※アドバイスは1参画事業者につき最大2回(文書1回、オンライン・電話1回)となります。

専門家アドバイス・エントリーに関するお問い合わせはこちらまで

「食べる!麒麟のまちグランプリエントリー係」
(鳥取情報文化研究所内)担当:植田(ウエタ)

電話 0857-25-5507 FAX 0857-25-5509 メール shiroika@tottori.to